ブログ

オープンコース決定~

いよいよ明日はオープン日となりましたね!

先週のプレオープンから雪も増え、シーズン最初から滑りごたえのあるゲレンデになっているのではないかな?と思っています。

 

で、前置きが長くなってもアレなんで早速オープンコースの発表です。

 

ビーチ・ナスター・スカイライン・ビッグモーニング・リトルモーニング

 

以上の5コースでオープン日を迎えます!

 

チェスナットコース・ラビットコースに関しては先日までの降雪で雪は増えてきたのですが、

2017-2018シーズン12月16日(土)オープン!

いよいよ12月16日(土)より2017-2018シーズンの営業を開始致します!
今シーズンはここ数日の積雪によりコースコンディションも大変良い状態でシーズン開始となりそうですね。


12月12日(火)現在の積雪

ハイランドサイド山頂:85cm
ビーチコースベース:60cm

現在もなお降雪中です。
予報では13日夕方まではこのまま降り続きそうですね!

 

 

待ちに待ったウィンターシーズン到来です!(^^)!

スタッフ一同皆様のご来場を心よりお待ちしております。

やっぱり滑るのは楽しそう!

天の恵みの降雪。

ハイランドサイド山頂付近は1週間ちょっと前に比べて完全に冬景色。

  

 

おかげでプレオープンを迎えることができました!

 

あしたの準備!

いよいよ明日はプレオープンです!

最後の追い込みで準備をすすめてきましたよ。

事前の告知にてオープンコースはビーチコースのみとなっていました・・・

 

ですが、今日は朝から一日中ずっと雪もふってまして。

様子を見に回って行ってみたりもしたんですが、このまま夜も降り続いてくれれば、

どうやらナスター・スカイラインオープンできそうな感じです!

スカイラインはオープンとなりましたら中腹辺りでビーチコースへ戻るように誘導するロープ規制を

させていただきますので間違って下まで滑って行かないように気をつけてください。

念のため当日のオープン情報で最終確認は忘れずにお願いしますね。

 

 

 

さむいので雪をつくろう!

ってことで、今日も朝からぐっと冷え込んでました。

ついに週間予報に雪だるまマークもでてきてわくわくsmiley

 

山頂へ上がると時折ちらちらと小さな雪が舞ってるような天気でしたよ

空から雪が降ってくるのなら、じゃあこっちは地面から雪を出すしかない!!っと、ビーチコースの雪づくり開始でっす

 

まずはこちら

氷を砕くタイプの人工雪、ICSの運転開始

試運転

先日のことですが設置も終えた降雪機の試運転をしてきました。

操作方法を覚えるためにみんなでぞろぞろsmiley

 

2017-2018瑞穂ハイランドリフトシーズン券 追加販売!

好評につき2017-2018 瑞穂ハイランドリフトシーズン券 追加販売いたします!

そして、12月5日までのご入金でスキー場で使える商品券を2,000円分プレゼント!
※リフトシーズン券小人を除く、10月3日から12月5日までにご入金された方が対象となります。
さらに!全ての券種に特典付き!
もちろん、プレミアムリフトシーズン券にはプレミアムな特典が!

2017-2018シーズンのオープン予定は2017年12月16日(土)を予定しています。
今シーズンは、天然雪+高性能な人工降雪機により「初心者にやさしい」ビーチコースから営業開始予定です。ビーチコースは全長約1kmの程良い長さの緩斜面がメインの初心者コースで、シーズン始めの足慣らしには最適!これで初心者のみなさまも安心ですね!なお、昨シーズンまでICSの人工雪でオープンしていたチェスナットコースは、コース状況が整い次第オープン致しますので、ロングクル~ジングフリークのみなさまもご安心ください。

詳しくは、下記をご確認いただき、所定の申込用紙でご応募くださいませ。

例のアレ

前回ちらりと紹介した黄色いアレ

 

ついに設置完了ですyes

 

 

 

中身の正体はこちら、ドン!

こやつはナニモノ!?

木箱がドーンと。

 

丸い穴からちらりと覗く黄色い姿。

 

こちら近日公開(予定)!

草刈を終えたら

 

お次は冬の間ゲレンデを夜通し整備してくれる圧雪車や寒ーい時に雪を造る機械の整備にとりかかっています。

 

 

どんなことをやっているか、ざっくりというとオイル交換したり故障したところを部品交換したり整備したりってとこです。

圧雪車も大きいのからちょっと小さいの、ウインチがついていたりハーフパイプを削る機械がついていたりとさまざまな形のモノがあるんですよ。

なので1台1台注意しながら整備してます。

あまり動いているところは見かける事はないと思いますが、もしチャンスがあればどんな機械なのかチェックしてみてください!

 

コンテンツ配信